配偶者が親離れできない時に離婚はできる?

配偶者が親離れできない時に離婚はできる?

配偶者が親離れできない時離婚ができるか

子供の頃から自立心が強い人がいます。できるだけ早く家を出て、自分で生活したいと思っているのです。大学進学をきっかけに一人暮らしをすることもありますし、社会人になるのをきっかけに一人暮らしを始めることもあるでしょう。これは親にとっても嬉しいものです。大家族などでは、上の子からどんどん自立していってくれないと困ります。その上で家庭を支えてくれることもあるぐらいです。しかし、今は少子化時代です。1人や2人の場合、親が特に何も言わない場合があります。自立心がなければ、そのまま自宅にいたままになり、なかなか親離れできないのです。こういった人が結婚したらどうなるかです。親の意見に耳を貸すことが多くなってしまいます。

夫婦生活においては、夫婦間での協力が大事になります。もちろん互いの親族との関係も友好にしていく必要がありますが、それも夫婦間の関係が維持するためになります。親族との関係を優先して、夫婦間の関係に問題が出るとなると、夫婦関係の継続が難しくなることがあります。配偶者のほうが親離れをすることができないとき、離婚を訴えることができるかですが、一定の状況を証明することができれば可能とのことです。あるケースとしては、夫が実家の親の意見で行動することです。夫婦間で住むための家を、夫婦の相談でなく、親子の相談で購入するなどがあります。それらの事実関係を出すことによって、認めてもらうようにすることができるようです。

また、妻が実家との関係を維持し過ぎることが理由になることもあります。実家が近かったりすると、どうしても実家に行きがちになってしまいます。そのために起こってしまうのです。妻から訴える場合、夫から訴える場合があるのですが、どちらの訴えが通りやすいかでは、子供を監護している妻の訴えのほうが認められやすくなるようです。将来的に良い選択をしなければいけないからでしょう。修復する努力をする場合もあるでしょう。

Copyright (C)2016配偶者が親離れできない時に離婚はできる?.All rights reserved.